食|Food

カナダ名産のメープルシロップがお土産にいいワケ

maple

こんにちは、シマばぁです。

 

9月に入ると、急に空気が変わったように感じます。

あっ、秋が近づいている・・・またあの長い冬が来るのか・・・

と思うと、少し憂鬱な気分になりますが、メープルの葉も黄色くなって、ブルーの空と黄色の葉のコントラストがすごくきれい。

残念ながら、ここカナダの西海岸ではここまで・・・

メープルの葉が赤くなる紅葉はあまり見ることができません。あの美しい紅葉はやはり、東側のケベックが有名ではないでしょうか・・・

ケベック行きたーい!!

maplePhoto by Nong Vang on Unsplash

 

そして、メープルと言えば・・・

もちろん、シロップ!

 

カナダのお土産になぜメープルシロップがいいのか?

メープルシロップは、おいしいだけではなく、栄養価の高い、健康にも美容にもいい、とっても優れモノ。

ポリフェノール、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどが、多く含まれています。

ミネラルたっぷりです!

と、言うことは、お肌にとってもいいのです。

お肌にいいだけではなく、メープルシロップにたくさん含まれている、ポリフェノールは、摂取した炭水化物を糖質に変え、メタボ効果もあって、ダイエットにも良さそう。

うちでは、精製された砂糖を、ほとんど使わないので、お菓子類を作るときはもちろん、お料理にもメープルシロップは欠かせません。

精製された砂糖は使わない=過去の記事でマクロビオティックのお話

メープルシロップができるまで

maplePhoto by Patrick Tomasso on Unsplash

春が近くなる雪解けの頃、カナダの厳しい冬に耐えた、メープルの樹木は、夜の間ミネラルたっぷりの水分を大地から吸い上げて、昼の間に糖分を3%含んだ樹液を出します。

これがメープルウォーター。この樹液は、わずか10日から20日の間に起こる現象。

樹齢30〜40年の樹木から、採取されます。

あの、木に穴を空けて、バケツに集める。あれです。

集められたメープルウォーターは、高温で時間をかけて煮詰められます。糖度66%になるまで煮詰めて、ろ過すればメープルシロップになるのです。

1リットルのメープルシロップを作る為に、いったい何リットルのメープルウォーターが、必要だと思いますか?

40リットルです!

メープルシロップが、お高いワケですよね・・・

 

メープルシロップの種類

maple

基本的に、4種類です。

メープルウォーターの、採取時期によって色や味が変わってきます。

 

maple

一番早い時期に採取されたものを、ゴールデン、その次に採取されたものは、アンバー、その後はダーク、そして最後はベリーダークです。

色が濃くなってくると、味も濃くなってきます。

 

maple

スーパーなどで、買えるのはゴールデン、アンバーが一般的。

 

maple

たくさん店頭に並んでいますが、だいたい1リットル入りで、こちらでは$15前後と言ったところでしょうか・・・

下の棚の方は、メープル風味のお値段も安いやつ。

 

メープルバターとは?

maple

メープルシロップをさらに高温で煮詰めていき、急激に冷やしてかき混ぜていくと、だんだんクリーム状になってきたものを、メープルバターといいます。

はちみつぐらいの硬さで、ねっとりしています。

これまた高価ですが、試してみる価値は十分にありです!

お土産に最高!かわいいボトルたち

maple

maple

容器やパッケージも豊富!もちろんお土産にするなら、カナダらしくて、デザインもかわいいのを選びたいですよね。

私も日本に持って帰るお土産用は、普段使いとは違って、メープルの形をしたのとか、ちょっとおしゃれなボトル入りとか、かわいいイラスト付きの缶りとか・・・選んでます。

いつもと違うの選ぶのも楽しい!

 

容器をリサイクルできる!

maple

そして地元スーパーでは、自分でメープルシロップやハチミツなどを、ボトルに詰め、量り売りで販売しているところもあります。

もちろん容器は、リサイクル可能!

 

英語

maple

 

フランス語

maple

カナダならではの、英語とフランス語表記

カナダでは、全てのパッケージに英語とフランス語の表記が義務付けられています。

なので、中身は同じ商品でもカナダで買うのとアメリカで買うのとでは、違ったパッケージに見えて、ちょっとおもしろい。

 

maple

今朝は、定番のパンケーキ。

もちろん、メープルシロップに決まってるじゃないですかっ!

 

maple

我が家では、砂糖の代わりの甘味料としてメープルシロップを使うことが多いのですが、パンケーキのようなスイーツだけでなく、ドレシングや煮物などの隠し味にも、夫はベイクドポテトやスクランブルエッグなどにもかけて食べてます。

肉料理にもメープルシロップ はとっても合うようです。

メープルベーコンドーナッツってのもあるしねっ!

 

maple

カナダから世界50カ国以上にメープルシロップが届けられています。

いかにメープルの木が、カナダにたくさん存在することをわかっていただけたと思います。

 

やっぱり、日本に帰る時のお土産は、メープルシロップに限ります!

 

日本のお友達〜

今度はどんな種類のメープルシロップがいいか、リクエストしてね〜!

 

 

お気に召したら、ポチッとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

カナダ(海外生活・情報)ランキング

-食|Food
-

© 2021 シマばぁ生活 Powered by AFFINGER5