食|Food

[レシピ]あずきパワー!麹発酵あんこでたいやきやいた!

teriyaki

こんにちは、シマばぁです。(shimaba.com)

 

ちょうど一年前、日本に帰りました。

7年半ぶりの帰国は、刺激たっぷりで逆カルチャーショックもたくさんありましたが、久しぶりに再会した家族や友達との間には、時間や空間など存在しないことがよ〜く実感できました。

4週間の日本滞在中は、一寸たりとも悔いの残らないように、美味しいものを食べまくり、それに伴い体重オーバー・・・カナダへ戻る際利用した、関空ー成田間移動の国内線(LCC) の荷物制限で重量オーバーにもなり、泣く泣く日本で手に入れた本2冊をギブアップ、そして体には、持ち物の中で重い「ベスト5」の服を重ね着し、首にはショールを2枚まとい、ダルマのように着込んだとても怪しい人となって、飛行機に乗り込んだ事を、つい昨日の事のように思い出します・・・

ちなみにこの話には、さらに落ちがあり、広島の自宅ー関空ー成田の移動の負担を少しでも軽くしようと思い、予め大きな荷物は関空に送った為に、持ち物のギブアップ、手荷物追加料金、怪しい人を余儀なくする羽目になったのですが、そんな大変な思いをして成田に着いたら、チェックインカウンターのすぐ横に、宅急便引き渡しのカウンターがあることに気がつきました。

成田空港に直接荷物を送っておけばよかった・・・ 😥

 

2冊の本は諦めたけど、「これだけはなんとしてでも、カナダに持って帰る!」と、根性で持って帰ってきたのは、やはり日本の食材❤️

日本を立つ前、友人が持たせてくれた、私の好物ばかりのパーフェクトチョイスな贈り物。カナダに戻ってから大切に大切に少しずつ使わせてもらっています。

愛情たっぷりのお楽しみ袋の中には、一年経った今でもまだ少し残ってるモノがあります。そこで先日、お楽しみ袋から登場したのは・・・あずき!

取り分け、日本滞在中も欠かさず食していたのが、あずき→あんこ。 あんこ大好き人間です。笑

楽しかった日本滞在の思ひ出にひたりながら・・・

そして日本で手に入れた『たい焼き器』と『麹』を取り出して・・・

あずきと来たら、あんこでしょっ?

 

麹発酵あんこを作ります。

(麹発酵あんこのレシピはもくじからジャンプして見ることができます↓↓↓)

 

麹発酵あんことは?

茹でたあずきに、麹を入れて発酵させたあんこ。

しかもあんこを作るのに、お砂糖は一切使いません! なのに、甘〜い!!!

発酵食品は、世界中で誕生し、前人の知恵から生まれた食品です。善玉菌がいっぱいのヘルシ〜フード。

そして、麹発酵あんこは、炊飯器があれば、簡単に作ることができます。

 

 

マクロビオティック で考えるあずき効果

あずきの本当の良さを知ったのは、もう30年以上前の事。私がマクロビオティック と出会ったのがきっかけ。

それからと言うもの、毎日『あずきかぼちゃ』を作って食べ続けました。

あずきとかぼちゃを一緒に調理する、『あずきかぼちゃ』は、腎臓機能障害で起こるむくみの改善や糖尿病の療養食、そして冷えた体を温める効果として、マクロビオティックでは、基本中の基本!必ず習うメニューのひとつです。

日本人は昔から、一年で一番寒い冬至にかぼちゃ(あずきかぼちゃ)を食すのは、体を温める効果、風邪をひかないように抵抗力をつけると言うところからも来ています。

『あずきかぼちゃ煮』は、『いとこ煮』とも言われ、似た者同士の組み合わせ。

japanesefood
100マイルダイエットとマクロビオティック!〜地元で食材を探してみよう〜

続きを見る

 

あずきのパワー

良質な植物性タンパク質が主成分で、ビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、鉄、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。

ビタミンB1は、炭水化物の代謝、サポニンは脂質の代謝を促し、更に肝臓の炎症を抑え、むくみを取る手助けをしてくれます。

また緩んだ腸を引き締めてくれる働きもあります。

赤ワインに多く含まれている、ポリフェノールやフラボノイドは、あずきにも豊富に含まれており、抗酸化作用、免疫力アップ、アンチエイジングなどにも効果あり!

老化防止にも、とってもいい!

 

あずき(小豆)の豆知識

日本では古代から、各地で栽培され、縄文・弥生時代に暮らした人々も親しまれて、古事記にもその記述がある。

ダイズという名前は、大陸の漢字『大豆』由来と考えられ、アズキには『小豆』と漢字が当てられているが、その読みは「ショウズ」であり、あずきは大和言葉であると考えられる。

は赤を意味し、ツキズキには溶けるや崩れやすいという事を意味し、他の豆より調理時間が短いことを意味していた。そして赤は魔除を意味し、式や行事で赤飯を炊くのもそのいわれから。

出典:wikipedia

だから、あずきを炊く時は、他の豆のように予め水につけて置く必要がないのですね!

 

 

そしてここカナダでも育ってる!

カナダであずきは、オンタリオ州で栽培されており、ここ数年の間であずきファームは、7,700エーカーから倍以上の20,000エーカーに跳ね上がっています。

そしてカナダで収穫されたあずきの殆どが、日本市場に販売されているのです。

ちなみにあずき(Azuki) の英語は、Adzuki Aduki などと、表記されることがあります。

今回使用したあずきは北海道産でしたが、これから日本ではカナダ産のあずきを目にする事も多くなるのではないでしょうか・・・

 

 

麹発酵あんこのレシピ

いよいよ本題の麹発酵あんこのレシピの紹介です。

kouji-anko

用意するモノ 所要時間 6〜8時間

炊飯器

あずき   200g

米麹    200g

水     4カップ

塩     ひとつまみ

 

あずきを茹でる

azuki

あずきの分量を計り、洗って鍋の中に入れる。あずきの約倍の量の水を入れあずきを茹でる。

 

azuki

ココがポイント

あんこの炊き方でよくあるレシピは、5分ほど沸騰したら茹で汁を捨て、新しい水であずきを炊く・・・アクを取る為にするのですが、マクロビオティック では、丸ごとその食材(ホールフード)をいただくという点で、アクも栄養の内。私はお湯を捨てずそのまま茹でます。

茹でる目安は、1時間ぐらい。まだ堅いようなら、少し水を足して柔らかくなるまで茹でる。

 

茹でたあずきと麹を炊飯器の中に入れる

kouji-anko

十分柔らかく茹で上がったあずきを、60度ぐらいまで冷ます。

それから炊飯器の中にあずきを入れる。

温度が60度を超えると、麹菌が死んでしまいます。

 

麹とあずきを混ぜる

kouji

使用したのは、ドライ玄米麹。こちらもホールフード! 生麹を使うと、発酵時間が少し短くなる。

ドライ麹を使う場合、混ぜる前に予めブレンダーなどで細かくしておくと、発酵時間も短縮でき、出来上がりがもっとスムーズになる。

 

kouji-anko

麹もあずきと一緒に炊飯器の中に入れる。

 

kouji-anko

あずきを麹とよく混ぜ合わせ、少し堅いようなら半カップ程の水を入れる。水分は途中で足す事もできる。

 

kouji-anko

 

炊飯器はフタなしで保温

kouji-anko

炊飯器を保温にする。

うちには炊飯器がありません!これは島の友達のところから借りてきました。その友達はまた友達から最近譲り受けたそうです。島の中ではこうして、まだ使えそうなモノは、勝手に捨てないで、欲しい人がいるかどうか聞いてから、または島にあるフリーストアーに持って行ったり、欲しいものはそこで探したりします。

simple life
シンプルに暮らそう!断捨離カナダ編

続きを見る

kouji-anko

炊飯器のフタはしないで、濡れた布をかぶせておく。布が乾燥しないよう気を付ける。

 

2〜3時間おきにかき混ぜる

kouji-anko

2〜3時間おきに様子を見る。その都度かき混ぜて、水分が足りないようなら水を少し足す。

この時点で、もうほんのり甘いです!

 

8時間後・・・麹発酵あんこの出来上がり!

kouji-anko

シュガーフリーだとは、信じられないぐらい甘い!!!

ドライ麹を使用した為、つぶつぶが目立ちますが、口当たりはとっても柔らかで、むしろこのつぶつぶ感がクセになりそうです。

 

kouji-anko

ココがおすすめ

ドライ麹を使うのなら、最初にブレンダーで細かくすることをお勧めします。

 

麹発酵あんこでたいやきやいた!

ジャ〜ン!!!

teriyaki

前から欲しかったの〜 日本に着いて即ネット買いしました。笑

 

たい焼きの材料

taiyaki

小麦粉       1カップ

卵         1個

アーモンドミルク  1/2 カップ弱

ココナッツオイル   大さじ2

メープルシロップ   お好みで

ベーキングパウダー  小さじ1/2

ベーキングソーダ      小さじ1/2

塩                               小さじ1/4

(生地は、パンケーキミックスでもいいです。)

 

taiyaki

 

 

麹発酵あんこで作ったたい焼き

taiyaki

たい焼き大好き過ぎて、息子の名前の由来も、たい焼きからきてるとかきてないとか・・・

 

 

お気に召したら、ポチッとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

カナダ(海外生活・情報)ランキング

-食|Food
-, ,

© 2021 シマばぁ生活 Powered by AFFINGER5